身体的なケア

ラクナールのリハビリ

「必要なことは一人一人みんな違う」
ラクナールのリハビリは、この大前提を大切にしています。

求めている結果も、リハビリに対する姿勢も、一人一人みんな違う。
だから100人いたら100通りのリハビリがあるはずです。

リハビリの流れ

初回もしくは見学時に併設する整骨院の院長による診察を行いお体の状態を見ていきます。
痛みや筋力低下の状況、歩行状態や麻痺などの症状を観察して、適切なリハビリメニューを組み立てていきます。

三大特徴
1.個別対応のリハビリ
利用者様の体力やリハビリに対する姿勢に配慮して、目的を達成するためにより効果的なリハビリプログラムを提供します。全体で行う体操や、みんな同じメニューで行うリハビリではなく、「個別対応」にこだわることで一人一人にぴったり合ったリハビリを提供します。

1.個別対応のリハビリ
身体に負担のかからないスローリハビリなので、運動が苦手な方にぴったりです。またその人にとって必要なリハビリをピンポイントで行う為、運動にかける時間も短いので体力に不安のある方でも安心して取り組むことができます。

1.個別対応のリハビリ
筋力をつけるリハビリよりも、筋肉を効率的に使うコントロール機能を高めるリハビリを重視しています。アレクサンダーテクニークといって音楽家やスポーツ選手が取り入れている方法です。

こんな要望を頂いてこういう対応を行っています

ラクナールのリハビリ

歩きのふらつきをなくしたい(転倒予防)
歩行のふらつきの原因は様々です。  
ふらつきの原因を探りそれに対するプログラムを組みます。
それが、股関節にあるのか、膝にあるのか、足首や足の裏にあるのかを明確にしてそれぞれに合わせたリハビリをしていきます。
嚥下(飲み込み)の訓練をして欲しい
顔の筋肉(表情筋)のトレーニングや、嚥下体操を行います。
百人一首を読み上げるなど発声の練習を取り入れる事もあります。
パーキンソン病のリハビリをして欲しい
筋肉のコントロール機能を高めるトレーニングを行います。
イメージトレーニングなども取り入れ症状の改善と悪化の防止に努めます。
体力をつけていきたい
ウォーキングマシンや簡単な器具を使った運動を行います。
利用者様の体力に合わせた負荷を選択していきます。
その他、Wii(ゲーム機)を使って楽しみながらの運動をしたり、
スタッフ一人がついてパートナーストレッチを行ったり、利用者様と相談しながらその日のメニューを決定していきます。
リハビリの流れ

ラクナールのリハビリ時間

1.動作・状態チェック
利用者様の現在の動きや状態をチェックしていきます。
脳梗塞、パーキンソン病など持病をお持ちの方はその状態もしっかり把握していきます。
2.リハビリ計画
動作・状態チェックで得られた情報をもとに、専門の機能訓練指導員が利用者様へ個別にリハビリ計画を立て、利用者様と相談しながら具体的な生活課題などへの取り組みを計画します。
3.個別リハビリテーション
ストレッチ、筋・関節の動きの調整、歩行練習、筋力トレーニングなどを組み合わせ、利用者様に最適なメニューを組み立てます。
4.評価・計画修正
定期的にリハビリを評価(アセスメント)して今後のリハビリ計画に反映させていきます。担当ケアマネージャーさまやご家族と連携をとりながら、利用者様の生活を立体的に支えていきます。

申し訳ありません。
一人一人にしっかりとしたケアをするためにお引き受けできる人数に制限を設けています。
なるべくご希望のスケジュールに添えるように致しますのでまずはお問い合わせ下さい。

一日一組限定。無料体験のお問い合わせはこちら 営業時間:8:30-17:30 定休日:土日祝
トップページへ - ラクナール - リハビリデイサービス[戸塚区・栄区・港南区]
戸塚区・栄区・港南区 送迎範囲はこちら
サービスの特徴 身体的なケア(ラクナールのスローリハビリ) 心のケア(心がすっきり軽くなる対話) 利用までの流れ